NEWS

TOP > NEWS > ICOプラットフォーム事業の進捗について
2018.10.11
ICOプラットフォーム事業の進捗について

ICOプラットフォーム事業の進捗について

GEMSEE SBICapitalBase

各位

SBI CapitalBase株式会社

2018年10月11日

 

ICOプラットフォーム事業の進捗について

 

 

 SBI CapitalBase株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤 隼人、以下「当社」)において事業化を推進しておりました、ICOプラットフォーム事業の進捗についてお知らせいたします。

 当社は昨年10月の設立以降、日本国内における仮想通貨を用いた資金調達(Initial Coin Offering、以下「ICO」)サービスの提供に向けて、準備を進めてまいりました。しかしながら、現時点において事業を開始することができておりません。理由として、国内でのICOサービスの提供には仮想通貨交換業の登録が必要であり、金融庁にその登録をICO事業者として認められた事業者が未だ存在しないことが挙げられます。

 昨今の仮想通貨交換事業者における顧客資産の流出事件を受け、新規事業者の登録が見送られ、ICO事業における審査基準の策定が完了していない中、当社のICOプラットフォーム事業の開始目処も立たない状況となっています。

 当社におけるICO事業の推進に関しては、引き続き当局を含む関係各所との調整を進める予定ですが、サービス提供の開始を確約するものではございません。事前登録(Pre Sign Up)いただいたお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、進捗がございましたら改めてWebサイト・メール等を通じてお知らせいたします。

 あわせて、2018年2月から継続開催しておりましたICO相談会につきましても、昨今の業界動向を鑑み、2018年10月15日から休止いたします。再開予定については、当社の業登録状況と合わせてお知らせいたします。

 ICO相談会に代わる企画として、株式投資型クラウドファンディング相談会の開始を近日中に予定しております。本相談会は、株式投資型クラウドファンディングによる資金調達を検討するベンチャー企業を対象といたします。

 株式投資型クラウドファンディングとは、1億円未満の資金調達に活用できる制度で、未上場企業の株式に、投資家ひとりあたり企業毎に年間50万円までの投資が可能です。

 当社の「GEMSEE(ジェムシー)プラットフォーム」は、“Gemstone(原石)・Seeker(探究者)”を語源に、“成長を目指すベンチャー・その価値を見出す投資家” 両社が出会う場を意図しており、株式投資型クラウドファンディングの制度趣旨とも合致するところとなります。相談会の詳細につきましては後日、Webサイトにてお知らせいたします。

 ※株式投資型クラウドファンディングについては、現在事業化の検討を進めている段階であり、開催を予定している相談会へのご参加が当社プラットフォームでのプロジェクト募集の実現を保証するものではございません。

 

■本件に関するお問い合わせ先

https://sbicb.co.jp/contact/