BLOG

TOP > BLOG > SBIバーチャル・カレンシーズでリップルを買ってみたら・・・

SBIバーチャル・カレンシーズでリップルを買ってみたら・・・

仮想通貨ビギナー

2018.11.01
SBIバーチャル・カレンシーズでリップルを買ってみたら・・・

こんにちは! イズミです。夏が終わって過ごしやすくなったなと思ったのも束の間、すっかり寒くなりましたね。

 

今回は、先日口座開設したSBIバーチャル・カレンシーズさんで実際に取引をしてみたいと思います。

 

「今そんなに安くないみたいだけど、このタイミングで大丈夫?」とマーケ担さんが気にしてくれましたが、私は2017年末に1XRPを300円ぐらいで買った人なので、ぜんっぜん大丈夫です!

 

ただ、口座開設の前にお財布を取られてしまった余波(過去のこちらの記事をご参照)がまだ続いているので、投資資金はかなり控えめに行こうと思います…。


目次

  • 住信SBIネット銀行から日本円を送金
  • 迷いつつもリップルを買ってみた!
  • 思っていた数量で買えなかったのはなぜ?
  • 仕組みを理解してもう一度チャレンジ!

住信SBIネット銀行から日本円を入金

ログインします。

右上のメニューアイコンをタップしてメニューを展開します。

「入出金」をタップします。

入金する金額を入力して、「次へ」をタップします。

取引パスワードの入力が求められます。

取引パスワードの初期設定は、住所確認のために送られてくる圧着はがきで通知されます。初期パスワードのままでも取引できますが、安全のために変更しておいたほうがよさそうです。

 

取引パスワードを入力して「次へ」をタップすると、一旦住信SBIネット銀行のWebページに遷移します。ユーザーネームとWEBログインパスワードを入力して「ログイン」をタップします。

支払先や金額がすでに設定された状態になっていますので、これらの情報を確認して…

WEB取引パスワードと、キャッシュカードの裏面に書かれている認証番号表を入力します。(スマート認証の方は「スマート認証」をタップします)

あ、ちなみに私の口座はイチゴ支店です。

住信SBIネット銀行の口座って、フルーツの名前でかわいいですよね♬

「確定」をタップすると、またSBIバーチャルカレンシーズの画面に戻ります。

ということで、今回私はとりあえず1万円入金しました!

 

迷いつつもリップルを買ってみた!

入金したので、今度は取引してみたいと思います。メニュー画面で「取引」をタップします。

ビットコインとビットコインキャッシュは高くて、私の予算では買った気分にならない気がするので、リップルを買ってみます。

注文数は、「日本円の金額」と「XRP数量」で選びます。私は1万円分買うと決めたので、「日本円の金額」を選択して、金額に「10000」と入力しました。

次の注文価格については「成行」と「価格指定」を選択するのですが、初心者の私、「成行」の意味が分かりません…。以前使ったことのあるC社のアプリにはなかったんだけど…。

どこかに説明があるかな?と思ってページの下の方までスクロールしてみたら、「注意事項」に下記のようなことが書いてありました。

 

「成行」の買付は発注する仮想通貨数量の1.05倍の買付余力が必要となります。

 

…ということは、「成行」が何なのかはさておき、仮想通貨を1万円分買おうと思ったら、口座には少なくとも1万500円必要ということですね。大変、お金が足りない。

 

どうしよう、あと500円入金するのも面倒な気がするし、かといって買える範囲まで下げて9,523円分に減らすのも何となくスッキリしないし…。

 

あ、「価格指定」を選べばいいのかな? 試しにやってみます。ダメだったらきっとエラーが返ってくるはず。選択すると金額を入力するフォームが現れました。とりあえず、今のレートの数字をそのまま入れてみます。

取引パスワードを入力して、「コインを買う」をタップします。

確認画面が表示されます。

ここが最後の確認ですね。「コインを買う」をもう一度タップ…タップ…タッ…タ…

 

 

できない(;´Д`)

 

 

急に2017年末の高騰→暴落の記憶が蘇ってきて、すっかり及び腰になってしまいました。

 

「成行」という言葉に引っかかってしばらく迷った時間がよくなかったです。すっかり私の「買うぞ!」という意欲が薄れてしまったというか…。

 

そして静かに「キャンセル」をタップした私は、注文数を「1000」に書き換えて…

1,000円なら大丈夫! それぐらいないら万が一失ってもランチ1回分!と自分に言い聞かせて、ようやく「コインを買う」をタップしました。

「注文を受け付けました」という緑のボタンが一瞬ふわっと表れて、注文は完了したようです。どうなったかな? さっそく口座管理画面を見てみます。

 

 

あれ?

 

 

1,000円分ぐらい買ったつもりなのに、498円分しか買えていません。どうしてだろう?

 

思っていた数量で買えなかったのはなぜ?

サイト内のFAQを読んでみても、初心者すぎてよくわからなかった私、カスタマーセンターに問い合わせてみたところ、オペレーターの方が親切に教えてくださいました。SBIバーチャル・カレンシーズでは、XRPは10XRP区切りでしか購入できないんだそうです

 

今回私が指定した1,000円は、今のレートだと10XRPは買えるけど20XRPには満たないという金額だったので、注文が成立したのは10XRP分だったんですね。

 

呼値については、「サービスガイド」→「サービス概要」の「注文数」という項目に表がまとめられているので、取引開始前に目を通しておくとよさそうです。

 

仕組みを理解してもう一回チャレンジ!

何はともあれ、リップルを買えたことは買えました。でも約500円分しか買っていないのもなんだか寂しいので、今度はXRPの数量を指定して買ってみることにします。

 

数量に「10」と入力します。呼値が10XRPなので、「11」などと入れるとエラーが出ます。

買付余力に問題はないのに、そして特に指定をしたいわけでもないのに、意味もなくさっきと同じ流れで価格指定をする私…。初心者丸出しです。

 

そして先ほどからしれっと「呼値」「呼値」と何度も書いていますが、私は今回初めてこの単語の意味と読み方を知りました。Googleで「呼値とは」って検索しました。専門用語を使うと一端の投資家になれた気分で、ちょっと嬉しいです。

 

「コインを買う」をタップして、次の確認画面でもう一度「コインを買う」をタップして…

今度は「注文を受け付けました」が表示されているうちにキャプチャが取れました!

ようやくトータル1,000円分ぐらいのリップルが購入できました! 

入金済みの残りの9,000円分ぐらいは、今日のレートよりも下がっている日があったらちょこちょこ買ってみようかなと思います。ランチ分が食べられるぐらい…いえいえ、贅沢は言いません。オフィスグリコでお菓子を1個買えるぐらい値上がりしてくれたらめちゃくちゃ嬉しいです!

 

ということで、途中で私の知識不足で若干グダグダになりましたが、記事の最後までお付き合いいただきありがとうございました!次回は、すでに口座開設させていただいているビットバンクさんでの取引(過去のこちらの記事をご参照)か、コールドウォレット選びかどちらかに挑戦してみたいと思っています。応援よろしくお願いいたします♬

 

※この記事は2018年10月末時点の情報を元に作成したものです。入出金、取引に関する操作方法や条件等については変更がある可能性がございますことを、予めご了承ください。

 


イズミ 趣味は旅行と写真とリアル脱出ゲーム。季節の変わり目の鼻炎に悩み中…。この間初めて耳鼻科でアレルギーテストを受けてきました。