BLOG

TOP > BLOG > 【社長BLOG】「原石」と「探究者」が出会う場所

【社長BLOG】「原石」と「探究者」が出会う場所

GEMSEE ICO SBICapitalBase

2018.06.06
【社長BLOG】「原石」と「探究者」が出会う場所

SBI CapitalBase代表取締役の佐藤です。このブログでは仮想通貨・ICOに関する最新トピックの解説、弊社スタッフのコラム、SBIグループの有識者インタビューなど、仮想通貨に興味をお持ちの皆様に役立つコンテンツを発信していく予定です。今回はSBI CapitalBaseの設立背景と目指すところについて喋りたいと思います。

設立背景

 SBI CapitalBaseの名前の由来は「企業活動に必要不可欠な様々な資本(リソース)を提供する基盤となる会社」という想いを込めて名付けました。ここで示す「資本」は資金に限定しない広義の資本(人材・データ等)を含めており、企業の成長に不可欠な様々な「資本(リソース)」の提供・マッチングを目指していく予定です。

 創業第一フェーズではSBIグループの事業ドメインである金融分野でこれまでのグループに不足していたファイナンス機能の提供を目指します。これによってSBI証券、SBIインベスト、SBIバーチャルカレンシーズといったグループ企業の事業との相互補完機能が発揮され、資金調達を希望する法人・投資家の双方に価値を提供することが出来ます。

GEMSEEプラットフォーム

 サービス提供を予定しているファイナンスプラットフォームは、複数の資金調達サービスを集約し、調達企業と投資家のマッチングを実現させます。ブランド名は「GEMSEE」と名付けております(商標登録申請済)。由来は“Gemstone(原石)・Seeker(探究者)”でそれぞれ、“成長を目指すベンチャー・その価値を見出す投資家”を指し示しています。両社が出会う場としてGEMSEEプラットフォームは存在します。

 我々はプラットフォーマーとして「Quality ・Fair ・Safety」という3つの価値観を重視しております。QualityはGEMSEEで取扱うプロジェクトの品質です。金融グループとしての専門性・ナレッジを背景に独自の評価・審査基準を用いてプロジェクトの品質向上に努めます。Fairは投資家・調達企業双方にとって公平なプラットフォームを目指す決意です。通常、一方にとって有利な条件は他方の犠牲の上に成り立っています。我々は中立な第三者としてプラットフォームにおける案件を取扱いいたします。Safetyは包括的なプラットフォームの安全性を示しています。世に溢れる詐欺的な案件の排除、安全な取引システムの提供等を通じて安心して取引いただける場を目指します。

 GEMSEEの第一弾のサービスとして「ICOプラットフォーム事業」を予定しております。これは仮想通貨(ICOトークン)を用いた新たな資金調達手法であり、昨年盛り上がりを見せ急激に調達額を増加させたICOを我々がプラットフォーマーとして場を提供し、資金ニーズを抱える企業と新たな投資機会を求める投資家のマッチングをアレンジするものです。

GEMSEE ICO

 GEMSEE ICOは、ICOに関わる一連のプロセス(コンサル・審査・販売・リレーション)を一気通貫で提供するサービスです。2018年5月現在、提供しているサービスはコンサルティングサービスのみとなりますが、仮想通貨交換業の登録を受け次第、順次サービスの提供を予定しております。ICO自体比較的新しいモデルでありスキームが確定していない部分も多く、プロジェクト毎に仕様が異なることが多々あります。プラットフォームを通じて一定のフォーマットを用意することで調達企業・投資家双方のICOにおける効率化を目指します。

 調達を希望する法人向けには、毎週金曜午後にICO相談会を実施していますので、プロジェクト計画やホワイトペーパーをご準備いただいている方は是非、お問い合わせフォームよりご連絡ください。購入を希望する投資家の方は今しばらくお待ちください。仮想通貨交換業登録を含め準備ができ次第、サイト等を通じてアナウンスいたします。当初、2018年春の開業を目指していたGEMSEE ICOですが、昨今の仮想通貨を取り巻く事業環境の急速な変化を踏まえ、適切なタイミングでのサービス開始を目指します。

 最後に一言。

 ICOは手段であり目的ではありません。ICO自体を目的としたプロジェクトはICOの必然性を欠きます。ブームに踊らされることなく、新たな選択肢の1つとしてフラットな目線でICOを評価ください。分散型エコシステムはこれまでの営利団体の中央集権型ビジネスモデルと相反する部分が少なからず存在します。その違いを認識し、どのようなビジネスモデルをトークン購入者に提案するかがプロジェクト成功の鍵となります!